HEMSメリット

HEMSメリット

HEMSメリット

最近、新しい住宅での設置が進んでいるHEMS。
HEMSのウリとして「電気量の見える化」というキーワードを目にした方もいると思います。
でも見える化というだけではどんなメリットがあるのかいまいちピンと来ないかもしれません。
そんなHEMSを設置するメリットについて大きく2つのメリットをご紹介します。

 

■見える化に対するメリット
よく見るこの「電気量の見える化」
これは家庭にある「電気で動いている全てのもの」の電力代をパネルやパソコン上で全て見られるということです。
冷蔵庫やエアコンは何となく電気代がかかっているというイメージはありますが、実際1時間利用したらいくらかかるのかは考えたことが無いと思います。
HEMSでは電気機器ごとに消費電力と電気代がわかるのです。

 

■節約についてのメリット
見える化でわかった電気代について、実際に節約する行動に結び付けられるのがメリットの1つです。
電気代は1分、30分、1時間など細かい単位で見られるので、使いすぎだと思ったらすぐに対処できます。
これまで「こまめに電気を切って節約する」と言った行動がどれだけ効果があるのかを電気代として見ることができます。
これは何をどう節約できるのか自分なりに工夫出来ますし、何よりモチベーションにつながります。
また1日の中で電気機器ごとの消費電力と電気代がいくら使ったかを棒グラフなどで表示し、今日の使用を振り返って次の日に活かすことができるのもメリットです。

 

このように消費電力、電気代が見えると節約のポイントがわかり行動に移せます。
家族全員で協力すれば節約に対する意識が変わるでしょう。
一番大きなメリットはそこにあるのかもしれませんね。

 

HEMSは太陽光発電とあわせての設置がおすすめ

HEMSは家の電力使用量を管理して、無駄な電気を使用することを防止することに役立ちます。そんなHEMSを設置する時には太陽光発電システムとあわせて設置することがおすすめで、オール電化住宅であることが理想的です。

 

 HEMSは建物内の全ての電気が、どの部屋でどの程度使用されているのか、どの時間帯に使用されることが多いのかが数値やグラフ化されて分かりやすく表示されます。使用頻度が高い時間帯に節電を心がけることによって電力使用量を抑えることが出来ますが、太陽光発電システムを設置すると発電量もHEMSで認識できるようになります。太陽光発電は現在は余った電力を売電することが出来るので、発電している時間帯で余分な電気が使用されないようにHEMSで管理することによって売電に回せる電力を増やすことが可能になります。

 

また、HEMSのモニターを見ていると掃除機やドライヤーでも強と弱のモードでは大幅な電気使用量の違いがあることも分かるので、機器を使用するときにも省電力のモードで動かすようにして、消費電力を少なくして少しでも売電に回すようにと節電意識が更に高まります。太陽光発電で利益をえることにもHEMSはとても役に立ちおすすめのアイテムです。